© 2019 actonsake co.,ltd. All Rights Reserved.

ご案内

活版印刷という古くて新しい印刷表現

活版印刷は凸凹のついた凸版や活字(※)を用いて版の凸の部分にインクを乗せ紙にインクを転写する凸版印刷です。
版と紙が直接触れるため紙に凹みを付ける事ができ、ギュッと力強く刻まれた印刷と、凹みが生み出す陰影が他の印刷にはない重厚感のある仕上がりになります。
現在主流のオフセット印刷やデジタル印刷に比べると生産性や印刷の精度など劣るところは多々あり現在では衰退の一途を辿っております。
しかし前記したような活版印刷特有の仕上がりは印刷物にもうひとつの付加価値を付けることができ、それは新しい印刷表現として活躍の場を広げられるものと考えております。


(※)当社では活字は使用しておりませんので、データをそのまま製版致します。
活字をご希望の方は築地活字様にお問合せ下さいませ。 

 【 築地活字 http://tsukiji-katsuji.com/

特殊紙、特殊加工で広がる表現の幅

ひとくちに紙と言ってもその種類は膨大です。

銘柄ひとつひとつにそれぞれの個性があります。
よい印刷物を作るには紙も含めてデザインする事が重要であると考えます。
当社ではデザイナー様のご要望に応えるため、「取扱い銘柄」という枠組みは設けず、一般に流通している殆どの銘柄をご使用頂けます。

また箔押しや型抜き等の特殊加工も賜っておりますので特殊紙、特殊加工を含めてオリジナリティ溢れる名刺が制作可能です。

また、特殊紙や特殊加工などを用いた印刷物を作る場合、デザイン上での注意点や工程上で問題が発生することが多々あります。

是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。

ご相談を交えながら良いものが出来ればと思います。